にじのかけら

歴史大好きなママブログ。精一杯どんなことでも楽しんで生きぬいていこう。

リウマチ1 初期症状 ここから始まりました。

f:id:Daisyribbon:20200907130948p:image

30代で突如リウマチになる。心構えがなにもない状態でのリウマチだったという現実。今現在も痛みと平穏な時の波がある状態で過ごしています。

 

リウマチという病気。人それぞれだけど、一つのパターンとして書いていきたいと思います。自分自身の記録でもあり、少しでも良くなりたいという気持ちで綴っていきたいと思います。

 

 

 

 

初期症状はこんな感じ

 

私がリウマチと分かったのは、2017年の暮れのことでした。

これまで、特に冬、冷えるときに指先が真っ白になるレイノー現象や、
膝の関節炎などを繰り返していました。膝や手首などの痛みは、普段バレーボールをしているので、使い過ぎによる痛みだろうと、湿布などで様子をみることを繰り返していました。

しかし、しばらく様子をみていると、その症状に加えて、朝起きた時はとくに症状がひどく、両手のこわばりや、首の痛みが出てくるようになったのです。

 

首、腕にも筋肉痛の様な酷いだるさがあり、就寝中、寝返りをうつときや、布団の重みなどで、夜中目が覚めるほどの激痛でした。

 

特に朝起きた時のこわばりはひどく、家事をするにも手が曲がらない包丁が持てない。調味料などのキャップがいちいち開けられない。
洗濯ばさみがつまめない。
洗い物するにも食器を落としそうだし、そもそも洗う作業がつらい…


などなど、とにかく生活するのが不便だし痛いしつらい…という状況でした。

 

そして痛みに加えて、だるさ、いつもと同じ生活をしているのに、なぜか疲れがとれない。痛みと同時に体の疲労がでてきていました。

 

 

f:id:Daisyribbon:20200823200147p:plain

 

 

リウマチは遺伝するのか

 

この症状はもしかしてリウマチなのではないかと、すぐにピンときました。
なぜなら、祖母も叔母もリウマチであって、その状況を知っていたからです。


しかしながら、リウマチの遺伝性については、少ないといわれています。

母子で遺伝する可能性は約5%。20人に1人という割合なので、普通よりは若干多いけれど、そこまであるとは言い切れない感じです。
リウマチは割合多い病気ではあるので、たまたま家族に多かった…というところでしょうか。

 

そして何より幸運なことに、私自身が整形外科に勤めていたということもあり、すぐに血液検査して、状況を見てもらわないと、と思い早速先生に診てもらうことになりました。

 

 

血液検査の結果は?


日を増す事に、両手の第二関節がキレイに腫れており、素人でもこれはおかしいやろと分かるレベル。

そして血液検査の結果はというと、なかなかに高い値のものもありました。

 

抗CCP抗体  1040(正常値は4以下)
RF      14(正常値は15以下)
抗核抗体   640倍
CRP     0.25

 


RFは正常値ではあったのですが、膠原病に対しての数値がわりと高かったので、とても衝撃を受けました。


心当たりありましたよ。たぶんそうやろなと思っていましたよ。

ショックというよりも、溜息しか出ませんでした。

 

こうして、初期にでたお薬として

免疫調製薬である リマチル

副腎皮質ステロイドである プレドニン
ロキソニン(痛み止め)
ムコスタ(胃薬)

 で様子を見ることになりました。

 

daisyribbon.hatenablog.com