にじのかけら

歴史大好きなママブログ。精一杯どんなことでも楽しんで生きぬいていこう。

リウマチ定期診察2 バイオのみの1ヶ月どうなったか

f:id:Daisyribbon:20200910131345p:plain

前回、白血球数の減少により飲み薬が休薬となり、エタネルセプトのみで1ヶ月間様子を見ていました。

今回お薬を休薬してみて改善されたのか。治療がどのようにすすんだのか。記録も兼ねてまとめました。

 

 

 

daisyribbon.hatenablog.com

 

休薬中の様子

 

休薬中は、手首の痛みや、手の関節のはれが数回あったものの、長くは続かず、単発の痛みが多かった。

 

ただ腱鞘炎はひどく、特に手首が酷かった様に思います。それはこの1ヶ月ブログに専念していたのが原因のような気がしますので、リウマチ問題ではないと思います。

 

ただし、リウマチの人は腱鞘炎になりやすいので、使いすぎには本当に要注意であることは間違いないですね。

 

仕事が忙しかった時は、手の疲労感も酷く、体力が落ちたように感じていました。

それはもちろん暑くて、夏バテで…という理由も考えられますが、疲れやすいのもリウマチの特徴ではあります。

これまでの夏と比べてどうだったか、というのがポイントです。

 

血液検査の結果

 

白血球の減少はまだまだあるものの、前回に比べたら随分改善されていました。

 

ということはやはりメトトレキサートの量が問題だったのだと思います。

 

ただ、赤沈が26mmとやや高くでたので、リウマチ自体は改善には至らず、まだまだ注意が必要です。

 

そこそこ痛みはあるものの元気な日が続いていたので、なんやったら血液検査はかなり良くなっているんではないかと期待していました。

(いつも期待しているのですが…)

 

貧血であれば、鉄分を補おうと努力できるのですが、赤沈…改善の方法が良くわからないです。

 

エタネルセプトを続ける

 

自分から望んだバイオ、エタネルセプトでしたが、やはりコスト面がとても痛く、使い続けるにはそこそこの収入が必要であると改めて認識しました。

 

今現在、25mgのものを週2回つかっているので、次回上手くいけば、1本減らしたいと、先生に希望しました。

半額になってくれるだけでも、かなり家計的には助かります。

 

とりあえず今回はこのまま同量を続けることになりましたが、来月の血液検査が良ければ減らせると思います。

 

お薬の再開

 

前回までの分と同じように飲むのではなく、その半量から再開する事になりました。

 

痛みは酷くないので、恐らく量が減っても問題はないと思います。

つまり、メトトレキサート週8mgからのリスタートとなります。

 

秋冬を越せるかどうか

 

体と相談しながらお薬を調整するかたちとなっていますが、問題はやはり寒くなる季節。これから冷える時期に痛みが出てこないか不安になります。

 

多少の痛みならまだしも、また歩けない程の痛みやだるさが再発しないかどうかが勝負となります。

 

それを超えて行けるようであれば、寛解へ踏み出せると信じているのですが…

今は多少痛くても、生活できれば何とかなるだろうとカンペキを目指さない考えでいます。

 

抵抗力の問題

 

白血球が少ないということで、感染症に非常にかかりやすくなっています。風邪ももちろんのこと、今からの季節でしたらインフルエンザ、そしてコロナにも本当に気をつけなければいけません。

 

しかも仕事場が内科ではないですが、病院というだけあって普段から予防策が必至となります。

自分がもらってしまうかもという不安もありますが、それ以前に、高齢の患者さんが圧倒的に多い職場。

 

うつしてしまうようなことがあれば、大変な事になります。

 

しっかり日々の体調管理と心掛けが大事です。

防げることは事前に防ぐ!

今年もインフルエンザの予防接種は家族全員で受ける予定です。

 

来月の診察で数値はもどるのか

 

色々と難しい問題ではありますが、私はそこまで酷いリウマチではなく、早期に治療開始をしており、生活にあまり支障はありません。

 

悪性のものになると、指は曲がり、歩くこともままならず、他の内蔵に悪さします。

 

そうならないためにも、普段から健康診断はしっかり受けておくことが必要です。

自分の大事な家族のためにも、早期発見!我慢するのはやめましょう。

 

また来月診察予定となっています。

次の目標はエタネルセプト1本、メトトレキサートは増量なしで、行けたら良いなと思っています。

 

経過のお話でした。ここまで読んでくださりありがとうございました!